DVで悩んでいる女性たちへ

恋愛心理☆結婚の悩み

DVで悩んでいる女性たちへ★DVを見分ける兆候とは!






男女の悩み★浮気・不倫・男女関係
男性の浮気の心理★なぜ浮気をしてしまうの?
ストーカーの心理★ストーカー男になりそうな兆候とは!
働かない男★「働かない男」はココで見分ける!
DVで悩んでいる女性たちへ★DVを見分ける兆候とは!
離婚を決めるその前に★後悔しない離婚の仕方!
【女性版】不倫のルール★愛人の心構え!
不倫妻の心理★不倫の代償は覚悟の上ですか?
彼に浮気をさせない方法★男の浮気の捉えかた!
女性が交際をスタートさせるとき★相手を見極めること!
結婚の障害★彼がプロポーズをためらう理由!
夫婦関係改善法★夫婦の愛情表現の仕方!
【男性版】不倫のルール★不倫が許される条件とは!
浮気を繰り返す男の心理★浮気は二人の問題!


今回は以前からテーマに挙げてみたかったDVについてお話してみようと思います。


コミュニケーションがうまく取れない未成熟な男性が言葉や身体的な暴力を相手に爆発させるケースが増えており、社会的に深刻な問題として増加しているのがDV(ドメスティック・バイオレンス)です。直訳すると「家庭内の暴力」となります。


「夫婦関係」「親子関係」「兄弟間」だけでなく、最近では“デートDV”と呼ばれるように結婚していないパートナー「恋人関係」などの男女間での体、言葉、態度による暴力が増えています。親密な相手を自分の思い通りに支配しコントロ−ル下に置こうとするためにあらゆる種類の暴力を使うのです。


例えば・・・


1) 身体的暴力・・・殴る、蹴る、叩くなど
2) 精神的暴力・・・汚い言葉を日常的に言ったり(ブス、デブ、のろまなど)、無視したり、脅したり罵るなど
3) 経済的暴力・・・生活費を入れない、お金を貢がせる、借金を重ねるなど
4) 社会的暴力・・・行動や電話などの監視・制限・束縛、親兄弟・友人との付き合いを禁じるなど
5) 性的暴力・・・合意のない性交渉を強要、暴力的、避妊に非協力など


DVは限られた特別な人々の間で起こる出来事ではなく、学歴・職業・社会的地位・年収などに関係なく「いつ、どこででも、誰にでも起こる可能性がある」ということです。


そして、3人に1人の女性が夫などからの身体的暴力を体験し(1998年東京都調査)、20人に1人の女性がDVで「命の危険」を感じた経験をしたことが(2000年総理府調査)明らかになっています。これらの調査結果からも、DVが日常的に起こっているのがわかります。


DVの特徴としては、以下の7つの傾向が挙げられます。


(1) 社会的な場と家庭内における行動の違い・・・
いわゆる外面のいい人、世間からは「おとなしい」「真面目」「誠実」などと見られることが多く、勇気を出して相談しても「妻側に問題があるのでは?」と思われ、行き場のない無力感を感じるのです。
(2) 暴力の否定・・・
男性自身が加害者であり、自分の行動が「暴力」だという自覚がないため虐待の事実を認識できていないので追及すると必ず否定します。
(3) 責任の転嫁・・・
仮に暴力を認めたとしても、そういう行動をさせるのは「妻に問題があるから」などと責任転嫁し、逆に自分が被害者だと考えるのです。
(4) コントロ−ルするための戦略・・・
妻を心身ともに傷つけ自立する意欲を失わせ、周囲から孤立させることにより「頼る者は夫しかいない」状況にし意のままに操作するのです。
(5) 嫉妬と所有欲・・・
妻(パートナー)を自分の所有物と考えており、別れ話を口に出すと逆上しさらに暴力的になります。相手はいつまでたっても「自分の所有物」であると考えており、全てを支配しコントロールしようとするのです。
(6) 子供への暴力・・・
暴力はパートナーだけに限りません。多くは子供にも直接的な暴力を加えることがあります。母親として夫が子供に暴力を振るっているときにそれを止められないことで無力感などを感じるのです。
そして恐ろしいのは、父親の暴力を受けていた子供は精神的にも深い傷を負い、それが次世代の暴力に繋がる傾向にある【暴力をふるう家庭で育った場合、被害者だった子供が大人になって次は加害者となる可能性が高い】と欧米の研究では明らかになっています。
(7) 更正に対する拒否・・・
加害者意識がないため、当然更正しようという意志はありません。


★暴力のサイクル


DVは、ある一定のサイクルを繰り返しながら徐々にエスカレートしていきます。またサイクルの期間が短くなるにつれ、暴力は激しくなる傾向があります。


第一期(緊張形成期)・・・緊張が高まり些細なことで大声で怒鳴ったりなどの兆候が増えます。
                      ↓
第二期(爆発期)・・・・・殴る・蹴る・首を絞める、物や凶器を使う、セックスを強要、言葉による暴力が始まります。
                      ↓
第三期(ハネムーン期)・・暴力を振るった後に「二度と暴力を振るわないから許してくれ」と言います。日常的に暴力を受けていても、夫は後で反省して誤りとても優しくなるのです。そこでついズルズルと逃げずに夫婦関係を続けてしまうのです。


暴力の後に来る「優しい夫」が本来の夫の姿なのだと思い込み、暗黙のうちに暴力を受け入れてしまうのです。そして、暴力を受け入れることで自分の存在価値を見出したり(夫には私が側についていなければと思うこと)するのです。(共依存)


部外者から見て素朴な疑問として感じるのは、「なぜ逃げ出さないの?」と思われるかもしれませんが様々な理由やマインドコントロ−ルなどから、その暴力サイクルから抜け出すのが困難な状況に追い込まれてしまうのです。「自分だけが我慢すればいい」と思わないでください。このサイクルから逃れるためにはほんの少しの勇気があればいいんです。


身体的な暴力、性暴力のDVから逃れるために全国に20数か所の民間シェルターが存在しています。市町村役場の福祉担当課に相談して聞いてみてください。とりあえず民間シェルターに避難して身の安全を確保し援助を受けながら、自活の道を切り開くことだってできるのです。


★DVを見分けるための危険な兆候


少しでも意見が食い違うと、押し黙って無視したり、キレたりする。
言い合いになると、まるで脅すように大声を出し、汚い言葉を使う。
気に入らないことがあると、手元にある物を投げたり乱暴になる。
音が響くほど、ドアを激しく開け閉めする。
喧嘩の本音とは関係ない、身体的欠陥をあげつらう。
相手の友人や親兄弟の悪口を言い始める。 など


上記のような兆候が見られたら注意してみてください。見て見ぬ振りをしているといつの間にかエスカレートして抜け出せない状態に陥ってしまうのです。自分の身を守るのは自分しかいないのですから、勇気をもって行動を起こしてみてください。


          
 恋愛心理☆結婚の悩み〜TOP
恋の賞味期限★男女がうまくいかなくなる理由
男の話し方、女の話し方★話し方には特徴があるのです
男女のコミュニケーションの仕方★女性が話を聞いてほしい場合
. 男女の喧嘩の心理★些細なことからエスカレート
シングルの男とマルチの女
相手の価値観、自分の価値観★お互いの価値観を受け入れる
女の不満、男の不満★それぞれの疑問
女の判断基準★愛情貯金とは
男女の性差★こんなに違う男女の営み
ホルモンの違い★テストステロンの威力
男女が好む性的魅力とは★第一印象は外見から
モテる男の秘訣とは★「自信」はモテる男の条件である
男女はストレスの感じ方も違う★それぞれのストレス対処法!
男のプライド★男のプライドは傷つきやすい!
与え上手、受け取り上手★女は受け入れ、男は与える
恋愛の仕方・・・・・
ありのままの自分を受け入れる★モテない原因とは!
魅力的な自分になる方法★無意識(潜在意識)の世界!
第一印象をよくする具体的な方法!
異性に興味を持たれるコミュニケーションの仕方★聞く、訊く、聴く!
出会いの方法★自分にふさわしい相手とは!
誉め上手は恋愛上手★男女の興味の違い!
異性の親が初恋の相手★エディプス/エレクトラコンプレックス
都合のいい女★尽くしすぎる女は愛されない!
現代の結婚事情★厳しい結婚、このまま生涯独身かも!
マザコン男の実態★マザコン男と付き合う方法
男女の悩み★浮気・不倫・男女関係
自己理解の心理学★もっと素敵な自分になれる心理学
顕在意識/潜在意識★潜在意識があなたを支配する! 
論理療法★受け止め方が変われば感じ方も変わる! 
エゴグラム★心の中に住む五人の家族! 
I am OK, You are OK!★幸せを呼ぶ人生態度! 
ジョハリの窓★自分を磨き成長するということ! 
『投影』とは?★パートナーは自分を映す鏡!
「挨拶」はコミュニケーションの基本★「ありがとう」は魔法の言葉!
「香り」は恋の媚薬★ロマンスは香りの演出から! ・・・・・

リンク集
プロフィール
(無料)恋愛・結婚カウンセリング!






    

Copyright (C) 恋愛心理☆結婚の悩み All Rights Reserved
*iphone アプリ 開発
*スマートフォン 開発